toggle

目次

コンテンツは下記のように構成されています。ひとつひとつ読んでもわかりやすいよう、簡潔にまとめてあります。

content

TOPページはこちら

がんを治す
【標準治療の現実】完治を目指すなら、絶対に知っておきたいこと

  1. 標準治療はどうして「標準」か?
  2. 「5年生存率」は何を意味するか?
  3. 抗がん剤の正体は殺細胞剤
  4. 抗がん剤は完治させる薬ではない
  5. 抗がん剤が効かなくなる薬剤耐性
  6. 最後は緩和医療しかないのか?
  7. 続々生まれる「がん難民」

【完治を目指す免疫療法】進行がん治療の唯一の切り札

  1. がんは免疫の病気
  2. 免疫療法の原点「コーリーの毒」
  3. 自らの免疫でがんを治す
  4. がん退治の主役はNK細胞
  5. 免疫療法の様々なアプローチ
  6. 免疫療法の真打「ANK療法」
  7. 標準治療とANK療法の併用
  8. 免疫細胞療法の原点「LAK療法」
  9. 真鴈入り混じる免疫細胞療法

がんと闘う

【がん治療最前線】治療を中心に、患者目線で最新情報を配信

  1. 患者のゲノムを集め、研究に活かす「山形バイオバンク」
  2. がんゲノム医療の情報の拠点が開設される
  3. 猛毒の砒素でがんを治す実験
  4. 早期の乳がん患者の7割は術後の抗がん剤は不要
  5. がん患者がセカンドオピニオンを求める割合は3割強
  6. 「光でがん細胞を破壊する」新たな手法が開発される
  7. オプジーボが中国で承認される
  8. 滋賀医科大学ががんの転移に関わる蛋白質を発見
  9. 日本初のCAR-T療法が実用化へ一歩前進
  10. ゲノム編集によってがん細胞の増殖抑制に成功
  11. リムパーザが遺伝性乳がんの治療薬として承認される
  12. 前立腺がんの放射線治療の副作用を軽減する方法が保険適応に
  13. がん細胞が正常細胞を押しのけていくプロセスが明らかに
  14. セカンドオピニオンのマッチングサイト
  15. 免疫チェックポイント阻害剤の効果に性差
  16. 脳腫瘍の「飲む放射線治療」が臨床試験開始
  17. 光でがんを治すPDTの効果を高める発光デバイス
  18. 伊藤忠商事が、社員のがん治療を業績評価に反映
  19. がん細胞が放出する小胞が、今後の新たな治療を生む
  20. オプジーボとヤーボイの併用が保険適応に
  21. がんゲノム医療、来年4月の保険適応を目指す
  22. 日米に先んじてゲノム編集でがんを治療する中国
  23. HPVワクチンで皮膚がん患者の腫瘍が全て消えた
  24. オプジーボ、発売から3年で3度目の値下げ
  25. 間質性肺炎を起こす肺腺がん患者特有の遺伝子変異
  26. がん撲滅サミットで光免疫療法の治験の成果が発表されるか
  27. オプジーボの併用療法に新たな選択肢
  28. 肝臓がんの再発率を75%下げる新薬
  29. 今年、がんと診断される方は世界で1810万人
  30. 大腸がんを9割の確率で発見する血液検査がサービス開始
  31. 早期発見で治療が出来たがん患者ほど要注意
  32. オプジーボ誕生の功労者、今年もノーベル賞の有力候補に
  33. オプジーボ誕生の功労者にノーベル医学生理学賞を授与
  34. 26歳の若さで左の乳房を全摘した矢方美紀さん
  35. オプジーボで悪性黒色腫を回復させたジミー・カーター氏
  36. 阪大病院のがん遺伝子パネル検査が先進医療Bに
  37. 少量の血液検査で卵巣がんを高角度で早期発見
  38. 新たに解明された免疫チェックポイント受容体の仕組み
  39. 余命宣告までされた元首相を救ったのはオプジーボ
  40. NECががん免疫治療に参入
  41. BNCTを体の深部のがんに使うための研究が進む
  42. 食道がん手術後の狭窄を防ぐ細胞シート治療
  43. 切るか切らないかはよく考えて
  44. iPS細胞からがん細胞を攻撃する免疫細胞を作ることに成功
  45. 遺伝子治療とはどんなことをやるのか?
  46. 高須克弥医師が免疫細胞療法を受けていることを公表
  47. 高須克弥医師の受けた免疫細胞療法のエビデンス
  48. がん遺伝子パネル検査への対応を迅速化する動き
  49. 乳がん治療の流れを変えたハーセプチン
  50. がん悪液質に対する初の治療薬が承認申請
  51. 高須クリニックがANK療法の実施医療機関に
  52. ウイルス製剤との併用でオプジーボの効果が増大
  53. 手術を選択する際には、後遺症、リスクも考えて
  54. がん遺伝子パネル検査がいよいよ保険適用に
  55. 2種類の抗体で免疫細胞をがん細胞へ誘導する新薬
  56. 楽天が出資する光免疫療法の治験が世界同時スタート
  57. エヌトレクチニブが、がん種を問わない形で承認申請
  58. キイトルーダが全ての部位のがんに適用拡大
  59. 膀胱を全摘した小倉智昭さんが、仕事に復帰
  60. オプジーボが食道がんでも保健適用へ
  61. ウイルス製剤と放射線の併用で食道がんが消失
  62. iPS細胞を使った免疫細胞療法が治験開始
  63. 乳がんはタイプごとに別の病気
  64. 十二指腸がんの手術の回復を助ける細胞シート
  65. 膵臓がんは術前化学療法で生存率が向上
  66. 腸内細菌でがん治療薬の効果が向上
  67. 抗がん剤の効きにくい卵巣明細胞がんに新たな治療法
  68. がん細胞を脂肪に変えてしまう治療
  69. CAR-T「キムリア」がいよいよ国内でも承認か
  70. がん克服の鍵はセカンドオピニオン
  71. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン
  72. がんに効率よく核酸医薬を送り込むナノマシン
  73. 犬の虫下しで全身転移のがんが消失
  74. 水虫治療薬が胆道がんの細胞増殖を抑制
  75. 保険診療で受けられるキムリアは免疫細胞療法
  76. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン2
  77. 中性子でがんを狙い撃つBNCTが、年内に承認申請か
  78. アバスチンの後続製品第1号となるBSが承認取得
  79. 高齢者のがんに対する化学療法のガイドラインがまとめられる
  80. ゲノム医療がもたらす日本のがん治療の変化
  81. NECが、AIを活用し、がんの創薬事業に進出
  82. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン3
  83. 膵臓がんの進行を早める蛋白質を特定
  84. 遺伝性乳がんの予防的手術が保険適用になるか
  85. 楽天メディカルが光免疫療法の治験結果を発表
  86. 微量の血液でがん細胞の有無がわかる検査を、東レが開発
  87. 富士フイルムがCAR-Tの大幅コストダウンに取り組む
  88. 遺伝子を改変したバクテリアで、がん細胞の破壊に成功
  89. 武田薬品工業がiPS細胞を使ってCAR-T開発
  90. 正常なKras遺伝子は白血病のがん抑制因子として機能
  91. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン4
  92. 放射線治療の効果を身近な薬剤で増大させるコータック
  93. 肝臓がんに効率よく抗がん剤を送り込む新たな治療
  94. 抗がん剤の脱毛を抑える治療の保険適用は認められず
  95. 分子標的薬「タグリッソ」が適応拡大による値下げ
  96. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン5
  97. がん細胞だけを破壊するウイルスの治験がはじまる
  98. 抗体薬物複合体の治験が国立がん研究センターなどで開始
  99. 犬は訓練次第でがんの有無を100%識別出来る
  100. がん研有明病院など34病院ががんゲノム医療拠点病院に
  101. コータックの承認に向けて双日が支援
  102. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン6
  103. ナノ粒子とX線による新たながん治療
  104. がんゲノム医療の利用拡大に向け治験開始
  105. 8割の確率でがんを見つける線虫による検査が実用化へ
  106. 免疫細胞療法に発熱は必然の副反応
  107. 腫瘍溶解性ウイルスが悪性黒色腫で治験を開始
  108. サリドマイドの薬害の仕組みが解明される
  109. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン7
  110. キイトルーダの薬価、2度目の値下げ
  111. 腎細胞がんの再発・転移に関わる蛋白質を発見
  112. 肝細胞がんの新たな治療法の効果を臨床試験で確認
  113. がんゲノム医療、治療に行き着くのは1割
  114. がん患者だけを対象とした生命保険が誕生
  115. 抗がん剤の副作用を抑える新治療
  116. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン8
  117. 抗体薬物複合体への期待で第一三共の株価はほぼ2倍に
  118. PET検査でがんが見つからなかったことの意味
  119. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン9
  120. 第一三共の抗体薬物複合体が米国で販売開始
  121. 信州大学とシンガポール国立がんセンターがCAR-Tを共同で研究
  122. 手術ロボット「ダ・ヴィンチ」の技術が特許切れに
  123. 進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン10
  124. 手術出来ない膵臓がんに新たな治療が
  125. 抗がん剤の休眠療法の是非
  126. スペシャルインタビュー「がん患者がウイルスに負けないために今すぐ出来ること」
  127. がん患者向けのホテルが大阪市内にオープン
  128. 早期でのがんゲノム医療が先進医療として承認される
  129. 局所治療と全身治療
  130. がん保険は自由診療までカバー出来る保障を
  131. リビング・ニーズ特約を諦めないための原資に
  132. 本当にがんを狙い撃ち出来るのはNK細胞だけ
  133. 進行が遅いがんには何もしないという選択
  134. がん患者は感染症対策をしっかりと
  135. 和歌山県立医科大学が新たながんワクチンを開発
  136. BNCTは、中性子とホウ素を利用して、がん細胞をピンポイントで叩きます。
  137. 新潟大学が肝臓がんの遺伝子治療を開発
  138. 国立がん研究センター中央病院、新規患者の受け入れ再開へ
  139. 米国ではがん患者を退院させて、感染症患者を受け入れ
  140. ATL治療中の北別府学さん、感染症拡大で骨髄移植を延期
  141. 感染症の拡大でがん患者の手術が延期される恐れ
  142. ジャンルカ・ヴィアリさん、膵臓がんの経過は良好
  143. がん患者の5年生存率は64.1%
  144. 南東北グループ、民間ではじめてBNCTを認可される
  145. がん闘病中の高須克弥医師、手術は「緊急患者に席を譲る」
  146. iPS細胞による免疫細胞療法が治験へ
  147. がん研有明病院、感染症の拡大で手術を80%縮小
  148. 三大療法が難しい頭頚部がん
  149. 感染で手術を減らしていたがん研有明病院が、通常の体制に
  150. がん治療を受けると、感染症のリスクは増えるのか?
  151. がん遺伝子パネル検査を血液のがんにも活用
  152. がん患者の新型コロナウイルスによる死亡率は約3倍
  153. 通院は感染リスクを上げる
  154. 糖尿病や肥満ががんを招く仕組みを解明
  155. 抗がん剤に耐性が生じる仕組みが明らかに
  156. 新型コロナウイルス感染拡大でがん治療薬の投与に混乱
  157. がん患者は通年で感染症対策を
  158. 光免疫療法、抗体薬物複合体などからめ手のがん治療が登場する背景
  159. 富士フイルムのDDSがメルクとの提携で治験へ
  160. 民間初のBNCT施設が治療を実施
  161. 東芝と信州大学が、がん細胞に遺伝子を送り込む技術を開発
  162. 光免疫療法に光は必要なかった
  163. 原発不明がんに免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」が奏効
  164. 日本人に最も多い大腸がんは治り易いがん
  165. 本庶佑博士と小野薬品工業の交渉が法廷へ
  166. ワッキーさんが罹患した中咽頭がん治療のポイントとは?
  167. 第一三共は、がん領域を事業の柱に
  168. 石原慎太郎氏の膵臓がんが早期で発見出来た理由
  169. 河野太郎氏「アトピーにはステロイド」に学ぶこと
  170. がん幹細胞に放射性医薬品の有効性を確認
  171. がん抑制遺伝子の働きを阻害する蛋白質を特定
  172. がん研究センター東病院に患者のための宿泊施設が開業予定
  173. がん患者が栄養制限をすることの是非
  174. オプジーボやキイトルーダで新型コロナウイルス感染症は悪化
  175. 新型コロナウイルス感染拡大、第二波が来る前に
  176. 千葉大学でNKT細胞による免疫細胞療法が治験開始
  177. がん患者が、盛夏に気を配りたい肌のケア
  178. AIを活用してがん抗原を特定する研究がはじまる
  179. 再生医療の行く先は、第三者からの移植
  180. タゼメトスタットが濾胞性リンパ腫の治療薬として承認申請
  181. iPS細胞を利用し、子宮頸がんの増殖を抑制するCTLの作成に成功
  182. 米国がん協会のガイドラインが改定され、運動を推奨
  183. テルモが、微粒子によるがん治療を手掛けるオランダの新興企業を買収
  184. 10年前に食道がんの手術をした桑田佳祐さん、経過は良好
  185. なぜ、ベトナムはがんによる死亡率がアジアで最も高いのか?

2016年7月~10月掲載分
2016年10月~12月掲載分

2017年1月~4月掲載分
2017年5月~12掲載分
2018年2月~5月掲載分

【がん医療考現学】がんと周辺の話題を辛口に

  1. 海外では既に承認されている免疫細胞療法
  2. 星野仙一さんの命を奪った最も厄介ながん
  3. 話題の光免疫療法は星野仙一さんを救えたか
  4. コストとリスク度外視で劇的な効果があったがん治療
  5. 固型がんの治療としてはまだ課題の多いCAR‐T療法
  6. 免疫チェックポイント阻害剤もCAR-T療法も真打たりえない理由
  7. ET-KINGのいときんさんが闘病中だった肺腺がんとは?
  8. がんをもっと身近に考え、正しく知っておく
  9. 動物実験と臨床試験の大きな違い
  10. CAR-Tは、がん細胞を狙い撃ち出来るわけではない
  11. 肺がん、食道がんの5年生存率は、日本がトップ
  12. 高額と批判されたオプジーボ、2度目の値下げ
  13. がん患者は自分に合った主治医を探そう
  14. がん細胞だけを化学的に識別出来れば、征圧出来たに等しい
  15. 50歳以上でがん保険に入る方が増加
  16. がん細胞と正常細胞の違いは?
  17. 遺伝子、DNA、ゲノムの違いとは?
  18. 肝細胞がんに効く抗がん剤がなかった理由
  19. 5年生存率が1.6%しかなくてもその1.6%に入るための治療がある
  20. 「胃がんステージ4。手術不可能」との告知から1年 手術成功。CT検査の結果は異常なし、再発なし
  21. 中核拠点病院間で足並みが揃わないがんゲノム医療
  22. 高濃度ビタミンC点滴は集中的に行わなければ、効果が出ない
  23. 全身転移から10年、仕事を続ける樹木希林さんの治療
  24. 科学的根拠ははっきりしている丸山ワクチン
  25. 丸山ワクチンは国から承認されていた
  26. ダ・ヴィンチで手術を受けるなら、実績のある病院で
  27. 治療をしないことは選択のひとつ
  28. 腹腔鏡で医師の技術が上がるわけではない
  29. 小林麻央さんが亡くなってから1年
  30. がん専門医に聞く患者とのコミュニケーション
  31. これからのがん治療のキーワード1 免疫
  32. これからのがん治療のキーワード2 遺伝子
  33. なぜ、がんサイダー.infoを開設したか?
  34. がんになっても行動次第で死亡率は下げられる
  35. がん専門医に聞く腹水が溜まっても諦めない治療法
  36. 副作用を承知で抗がん剤を続ける石弘光さん
  37. 肝臓がんの約9割は、B・C型肝炎が原因
  38. 余命診断はあくまでも目安に過ぎない
  39. 標準治療を受けた患者の割合は73%
  40. ハーセプチンのバイオシミラーの承認が続く
  41. タカラバイオが腫瘍溶解性ウイルスの承認を申請
  42. 抗がん剤の効果を使用前に予測する手法が開発される
  43. 血液による遺伝子診断の有効性が実証される
  44. がんで亡くなる方は増え続け、2017年も死亡原因の第1位
  45. 翁長雄志沖縄県知事の生命を奪った最も厄介ながん
  46. CAR-T報道でも多く見られる間違った認識
  47. さくらももこさんが乳がんで亡くなった53歳という年齢
  48. アニメ『はたらく細胞』で学ぶがんと免疫の関係
  49. がん治療でも筋を通した石弘光さん
  50. オプジーボが切り開いた免疫治療という領域
  51. 国立がん研究センター中央病院副院長・片井均医師に聞く
  52. さくらももこさんが選んだ切らない乳がん治療は正解だったか
  53. 山本KID徳郁さんのように若い世代のがんは進行が早いのか?
  54. ひとりの患者から移植された臓器で、4人ががんになり、3人が死亡
  55. がん免疫の主役はNK細胞であるという事実の周知徹底を
  56. オプジーボ狂騒曲、第2楽章がはじまるか
  57. がんゲノム医療の推進でドラッグラグが浮き彫りに
  58. がんと共存するという考え
  59. 高須克弥医師の「全身がん」の言葉を読み解く
  60. がんと診断されたらセカンドオピニオンを 1
  61. がんと診断されたらセカンドオピニオンを 2
  62. T細胞に作用するオプジーボの限界とリスク
  63. オプジーボを自由診療で使うリスク
  64. 角替和枝さんが患った原発不明がんとは?
  65. 「免疫療法」が意味すること
  66. オプジーボの副作用リスクは投与を止めても続く
  67. 小倉智昭さんが闘っている膀胱がんは、男性と喫煙者に多いがん
  68. がんの名医に聞く 「がん医療の現在」「末期がん医療のあり方」
  69. 完全寛解しても再発し易いCAR-Tの課題
  70. 光免疫療法が、がん細胞を破壊する仕組みが確認される
  71. 大腸がん、右側と左側で治りくいのは?
  72. 米国が国家プロジェクトで効果を確認した免疫細胞療法
  73. 国が推進するがんゲノム医療の制度的欠陥
  74. 検査から治療まで がんと遺伝子に関するQ&A 第一回「がんと遺伝子の関係」
  75. 本庶佑氏「2050年には殆どのがんが免疫療法で治療出来る」
  76. ノーベル賞で注目されるがん治療における免疫の重要性
  77. 遺伝子編集によるがん治療を加速させる中国
  78. がん遺伝子治療の今を俯瞰する
  79. 検査から治療まで がんと遺伝子に関するQ&A 第二回「がん遺伝子検査で何がわかるのか?」
  80. 意外に多いがんの誤診
  81. 国内で固形がんを対象に、CAR-Tの治験が開始
  82. 終末期に痛みを感じるがん患者は36%
  83. 2016年に新たにがん患者になったのは99万人
  84. 検査から治療まで がんと遺伝子に関するQ&A 第三回「がん遺伝子治療とはどんな治療なのか?」
  85. 本当に「がんになる前に知っておくこと」
  86. 2月4日は世界対がんデー
  87. 結局は抗体次第の光免疫療法
  88. 早期発見出来るがん、予測出来るがん、予防出来るがん
  89. 小線源治療の継続を患者らが仮処分申し立て
  90. 池江璃花子さんがかかった白血病とは?
  91. 白血病の標準治療は、最先端でも無差別爆撃
  92. 白血病はタイプごとに異なる病気
  93. 固形がんよりも化学療法が効きやすい白血病
  94. 堀ちえみさんの舌がん発見が遅れた理由
  95. 堀ちえみさんが診断されたステージ4の意味
  96. CAR-T「キムリア」を厚生労働省が承認
  97. がんの名医に聞く「がん医療の現在」「末期がん医療のあり方」
  98. がん難民にならない、そして完治を目指すために知っておくべきこと
  99. 筋肉量の多い患者のほうが、がん治療薬の効果は長く続く
  100. CTLのがんへの攻撃力が低下していく仕組みを解明
  101. 軽い気持ちで登録すべきではない骨髄ドナー
  102. どんどん高騰するがんの新薬
  103. 堀ちえみさんの受けた舌がん手術は、どこまで機能温存出来るかが鍵
  104. 歌手の大橋純子さんが食道がんから復帰
  105. 大腸がんの原口文仁選手がチームに合流
  106. 堀ちえみさんの舌がん治療は、手術で取り切れた後が重要
  107. 20年間で9回のがんを乗り越えた大空眞弓さん
  108. 間もなく保険適用になるがんゲノム医療で何が出来るのか?
  109. 標準治療、代替医療、それぞれのいい分
  110. トラブルが起きたら、必ずセカンドオピニオンを
  111. NK細胞は他人のがん細胞でも認識して攻撃する
  112. 膵臓がんでも早期発見が可能な最新の血液検査
  113. 今年で膀胱がんの手術から5年を迎える竹原慎二さん
  114. がんを克服した医師が続けている食事術
  115. CAR-T「キムリア」の製造販売を厚生労働省が承認
  116. 萩原健一さんが闘っていたがんとは?
  117. 免疫細胞療法「CAR-T」が保険収載間近。CAR-NKも開発中
  118. 高額と批判されたオプジーボ、4度目の薬価引き下げ
  119. 細胞の内側からがんを叩く「注射する放射線療法」
  120. 大阪府が小児がんの重粒子線治療に対して費用を最大で全額助成
  121. アバスチンのBS第1号が11月にも薬価収載
  122. 光免疫療法が先駆け審査指定制度の対象に
  123. 前立腺がんの5年生存率は100%
  124. 食道がんのウイルス製剤が先駆け審査指定制度の対象に
  125. 「全身がん」高須克弥医師の状態とは?
  126. 舌がんで闘病中の堀ちえみさんが、今度は食道がんに
  127. がんの新薬開発には膨大な費用がかかる
  128. 大腸がんから復帰を目指す原口文仁捕手が練習を本格化
  129. キイトルーダを遺伝子異常に応じて希少がんに
  130. 遺伝子改変による新たながん治療
  131. 岡村孝子さんが公表した急性白血病とは?
  132. 2020年には前立腺がんが一番多いがんに
  133. がんゲノム医療は、遺伝子情報の提供が保険適用の条件に
  134. 治療費5000万円の免疫細胞療法が保険適用に
  135. タイガースの原口文仁捕手が大腸がんの手術を経て実戦に復帰
  136. オプジーボに脳の機能に障害が起こる副作用リスク
  137. 東てる美さんが、手術後の抗がん剤を止めたことの是非
  138. セカンドオピニオンをこまめに聞くメリット
  139. CAR-T「キムリア」の薬価は3349万3407円に
  140. 屈強なスポーツ選手は、免疫力が高いとはいえない
  141. 最も高額になったキムリアも、オプジーボ同様、値下げの可能性
  142. 抗がん剤による脱毛を抑制する医療機器が承認される
  143. CAR-T「キムリア」が保険適用開始
  144. がんの治療や診断に役立つ環状ペプチドを発見
  145. 幹細胞とウイルスでがん細胞を効率よく攻撃
  146. 鈴木宗男さんが食道がんの手術を無事に終える
  147. 断食や糖質制限はがん治療には逆効果
  148. がんを見落とさないためにやるべきこと
  149. いよいよ保険適用となったがんゲノム医療の課題
  150. 原口文仁選手が、がんを乗り越え、一軍に復帰
  151. 大腸がんを乗り越えた原口文仁選手が、復帰後初打席で適時二塁打
  152. 細胞医療は実用化と普及の時代へ
  153. シンプルで実効性のあるがんゲノム医療
  154. 外科医は手術をしたがるという俗説の真偽
  155. 膵臓がんの治験費用をクラウドファンディングで調達
  156. 光免疫療法は、様々ながんに使える可能性がある
  157. 竹原慎二さん、ステージ4の膀胱がん手術から5年
  158. がんゲノム医療の理想と現実
  159. がん患者は、主治医のほかに相談相手を
  160. なぜ、抗がん剤には副作用があるのか?
  161. 大腸がんから復帰した原口文仁捕手が球宴出場へ
  162. 仁支川峰子さんが甲状腺がんで経験した手術ミス
  163. 前立腺がんの骨転移を制御する遺伝子を特定
  164. 山本譲二さんが大腸がんの手術を公表
  165. 標準治療では対処が難しい重複がん
  166. がんゲノム医療、保険適用になるのは、年間1000人程度
  167. 小児がん経験者の遺伝子を調べ、二次がんに備える試み
  168. 味の素が、がんのリスクがわかる血液検査を、半額で提供
  169. なぜ、がん患者は怪しい治療に手を出すのか?
  170. 遺伝子による個別化、免疫を重視する標準化
  171. 切らないほうがいいがん
  172. NOといえるがん患者が長生き出来る
  173. BSの普及は保険適用外処方の一助となるか?
  174. 膵臓がんの進行を抑える線維芽細胞を発見
  175. スペシャルインタビュー 「がん医療と免疫」
  176. 大阪重粒子線センターの稼働が本格化
  177. 膵臓がんの治験費用、クラウドファウンディングで目標の3.5倍の額を調達
  178. キイトルーダが食道がんに対して承認申請
  179. 井筒親方が58歳の若さで膵臓がんで亡くなる
  180. 抗体薬物複合体「DS-8201」の投資価値は新薬全体で3位
  181. 光免疫療法への三木谷浩史氏の投資167億円は格安
  182. がんはどんな病気で、どうやって治療しているのか?
  183. ロッド・スチュワートさん、前立腺がんを公表
  184. がん患者の旅行や外出をサポートする付き添いサービス
  185. どんながん治療でも完全肯定も、完全否定も出来ない
  186. 声帯全摘を拒み、抗がん剤を選択した俳優の生き方
  187. 自由診療は本当に高いのか?
  188. 我が国の化学療法は、まだ抗がん剤が主流
  189. 患者のNK細胞でがんを退治する新たな治療
  190. 「新しい抗がん剤」が意味すること
  191. 「免疫療法」は何を意味するのか?
  192. がんと診断された方の42%が、2年以内に資産ゼロに
  193. 若いがん患者の75.9%は女性
  194. がん患者もヘルプマークの利用を
  195. 抗がん剤で変色した爪をケアしてくれた夫に感謝
  196. 八千草薫さんの死因はがんの王様「膵臓がん」
  197. 果たしてがんは予防できるのか?
  198. がん患者の地域格差
  199. 抗体薬物複合体と免疫チェックポイント阻害剤を併用し、効果を確認
  200. がんが治ったという報道で、犬の虫下し薬が品切れに
  201. CAR-Tを自動的に製造する装置が開発へ
  202. 大腸がんから復帰した原口文仁選手が特別表彰
  203. 血液クレンジング騒動で危惧されること
  204. がん克服は、まずは生活の改善から
  205. がん患者は体温を下げない生活を
  206. CAR-Tの限界とは?
  207. がん治療で「治る」「治す」が意味すること
  208. 手術が出来ないがんとはどんながんか?
  209. 末期でも元気ながん患者
  210. 大腸がんから復帰の原口文仁選手、ステージ3Bだった
  211. 1滴の血液から99%の精度で13種類のがんを検出
  212. 原口文仁選手のがんからの復帰が、どれだけ大変なことか
  213. スティーブ・ジョブスのがんから学ぶべきこと
  214. がんを理解しなければ、適切な治療は選択出来ない
  215. 佐賀大学ががんゲノム医療の治験を実施
  216. 抗がん剤の副作用による循環器の病気が増えている
  217. 大腸がんから復帰のプロ野球選手が1安打1打点で1万円の社会貢献
  218. 新しいタイプのがん治療薬とは?
  219. 腎臓がんの手術後、人工透析を受けていた梅宮辰夫さん
  220. がんの5年生存率は66.4%
  221. 遺伝性の乳がん、卵巣がんの予防切除が保険適用に
  222. 笠井信輔さんが闘っている悪性リンパ腫とは?
  223. 樹木希林さんが受けていた特別な放射線治療
  224. がんゲノム医療の進むべき未来
  225. 2003年にはがんの転移を防げると、1982年に科学技術庁が予測
  226. 今年、最も売上を伸ばすバイオ医薬品はキイトルーダ
  227. 米国のがん死亡率が過去最大の下げ幅
  228. 標準治療における「がん専門医」とは?
  229. 富士通が従業員7万人を対象に、がんについて教育
  230. 北別府学さんが公表した成人T細胞白血病とは?
  231. 男性でも乳がんになる
  232. 胃がんで胃を全摘すると、大腸がんになり易い腸内環境に
  233. 悪くならないと何もしてもらえないのが保険診療
  234. がん研究会が原発不明がんの研究費を寄付で募集
  235. 遺伝子改変で様々ながん細胞だけを傷害するT細胞を開発
  236. 保険料が後払いのユニークながん保険
  237. 最新のがん治療で全てが解決するわけではない
  238. 38種類のがんの全ゲノムを解析する取り組み
  239. 希少がんは保険診療では治療に限界がある
  240. ヒュー・ジャックマンさん、皮膚がんの経過は良好
  241. がんはどこまで早く発見出来れば意味があるのか?
  242. がんの自由診療を全て怪しいと決めつけることの愚かしさ
  243. がん治療を受ける若い世代に対する妊孕性温存支援が広まる
  244. 先進国で日本だけがんで亡くなる方が増えている理由
  245. 「全身がん」の高須克弥医師、手術から9日で仕事復帰
  246. メジャーリーグの開幕を控えたがんサバイバーたち
  247. iPS細胞を利用したがん治療、治験計画が承認される
  248. がん患者の自殺を防ぐには?
  249. がん治療で不妊になった女性が、事前に採取した未成熟卵子で無事出産
  250. がん患者の約半数は、がん以外が原因で亡くなる
  251. がん保険でよくあるトラブル
  252. 末期のスキルス性胃がんを克服した演歌歌手・渥美二郎さん
  253. がん患者は感染症対策をしっかりと
  254. トミーズ雅さん、早期の大腸がんで大腸を55㎝切除
  255. がんにならない生き方よりがんになっても死なない生き方を
  256. 抗体薬物複合体「エンハーツ」が国内で承認
  257. がん患者が新型コロナウイルスに対して心がけることは?
  258. がん10年生存率は57.2%
  259. がんゲノム医療を広げる取り組み
  260. 国立がん研究センターで新型コロナウイルスの感染を確認
  261. 標準治療が原発部位にこだわる愚かしさ
  262. 「最高のがん治療」とは何か?
  263. 三大療法が難しい頭頚部がん
  264. 抗体薬物複合体「エンハーツ」が薬価収載
  265. 標準治療に対する補完医療のあり方

2016年7月~8月掲載分
2016年9月~11月掲載分
2016年12月~2017年4月掲載分
2017年5月~12月掲載分

 

【私の闘病記】がんと闘っている方、生還した方たち

  1. 2度のがんを克服した鈴木宗男さん
  2. 腎臓がんを乗り越えリングに復帰した小橋建太さん
  3. ステージ4の膀胱がんから復帰した竹原慎二さん
  4. 乳がん予防のための乳房切除、厚生労働省が選択肢として推奨
  5. 医師が、がんになった時に選択したANK療法
  6. 白血病と診断され、2度の臍帯血移植などで復帰した松井理悦さん
  7. 「全身がん」の高須医師、「全然闘う気はないんですよ」
  8. 阪神タイガースでがんサバイバー同士のバッテリーが実現か?
  9. がんサバイバーのはんにゃ川島章良さん、出汁で体質改善
  10. 一病が息災に繋がった山本浩二さん
  11. La’cryma ChristiのKOJさんが患った食道がんの治療
  12. ワッキーさんが闘病中の中咽頭がんの治療で考えるべきこと
  13. がんで余命3か月を宣告された声優のブログが漫画に
  14. 高須克弥医師、がん手術から「生還なう」

がんを生きる
【「がん難民」にならないために】「がん」と診断されたらやるべきこと

  1. 自分のがんはどんながんか?
  2. 治療設計は自分で
  3. がんサバイバーの肉声には説得力があるが……
  4. 日本にはいない「がんの専門医」
  5. セカンドオピニオンを上手に受けるには
  6. がんになったらどこの病院にかかればよいのか?

【がん患者の家計簿】治療に幾らかかるのか、負担は軽減出来るのか

  1. がんになったらどれだけかかるか?
  2. 肝がん患者は給付金の対象かも?
  3. 治療が長引いたら傷病手当を
  4. 医療費で困っても、様々な救済制度がある
  5. がん治療で医療費がかかったら、確定申告で所得税の還付を
  6. がんサバイバーが住宅ローンを組むには
  7. がんと診断されたら、住宅ローンをゼロにする知恵

【がん患者の生活向上】闘病中でも楽しく美しく

  1. 医療用かつらの購入費用を自治体が助成
  2. 抗がん剤治療中こそネイルカラーを
  3. 郡山の健康教室で学ぶ「病気にならない生き方」第1回 がんとストレスの関係
  4. 郡山の健康教室で学ぶ「病気にならない生き方」第2回 がんとミトコンドリアの関係
  5. がん専門医に聞くコラーゲンの真実
  6. 治らない湿疹・肌の赤み。もしかして「ニキビダニ」が原因かも
  7. 肺転移した侵入奇胎から3年、元気な姿でファッション誌に
  8. 抗がん剤の脱毛で悩む方のためのつけ睫毛

がんを知る
【がん発生のメカニズム】何が原因で、どんな過程でがんになるのか

  1. がん細胞は常に生まれている
  2. 免疫ががん発症を未然に防ぐ
  3. がん退治の主役はNK細胞
  4. がんの引き金はこんなにある
  5. がん細胞と正常細胞の分かれ目
  6. がんは浸潤・転移していく
  7. がんは免疫の病気
  8. 免疫抑制の下、がん細胞は増殖
  9. がん細胞は免疫逃避で自らを守る
  10. がん細胞はどんどん変異

【がんが進行する過程】末期の前に対処するには

  1. 早期がんと進行がんはどう違う?
  2. 進行がんは手術出来ない
  3. ステージから余命を判断する
  4. 抗がん剤が効かなくなる薬剤耐性
  5. 悪液質、多臓器不全で死に至る

【がん用語集】治療のキーワードを詳解

  1. 5年生存率
  2. 薬剤耐性
  3. 血管新生阻害剤
  4. トモセラピー
  5. NK細胞
  6. 分子標的薬
  7. 腫瘍マーカー
  8. 上皮内新生物
  9. がん抗原
  10. PET
  11. 免疫チェックポイント阻害剤
  12. 寛解
  13. プレシジョン・メディシン
  14. ドラッグ・ラグ
  15. 転移
  16. オンコロジー
  17. 悪液質
  18. 陽子線治療
  19. 骨髄抑制
  20. 原発
  21. NK細胞
  22. アポトーシス
  23. 緩和ケア
  24. QOL
  25. 延命
  26. エビデンス
  27. ガンマナイフ
  28. インフォームドコンセント
  29. CTL
  30. 根治手術
  31. 遺伝子
  32. ダ・ヴィンチ
  33. 血小板
  34. 再発
  35. 遺伝性乳がん
  36. 拡大手術
  37. トリプルネガティブ
  38. 生検
  39. サブタイプ
  40. 予後
  41. 局所療法
  42. 全身療法
  43. 治験
  44. バイオシミラー
  45. セカンドオピニオン
  46. ホルモン療法
  47. 再建手術
  48. LAK療法
  49. リンパ節
  50. バイオマーカー
  51. ステージ
  52. がん抑制遺伝子
  53. がん抗体
  54. 腫瘍崩壊症候群
  55. 血管内療法
  56. がん遺伝子
  57. CART-T
  58. PDT
  59. 免疫細胞療法
  60. 化学療法
  61. 奏効率
  62. がん幹細胞
  63. 樹状細胞
  64. がん抗原
  65. BRCA1/2
  66. クリスパー・キャス9
  67. 温熱療法
  68. リンパ節郭清
  69. ガイドライン
  70. 細胞診検査
  71. 神経ブロック
  72. 多発がん
  73. 腹腔鏡
  74. スキルス
  75. がんワクチン
  76. サイトカイン
  77. 白血球
  78. ポリープ
  79. 余命
  80. 再生医療
  81. がん幹細胞
  82. リツキサン
  83. ハーセプチン
  84. 間質性肺炎
  85. ネオアンチゲン
  86. がんゲノム医療
  87. ADCC活性
  88. アービタックス
  89. サバイバー生存率
  90. 小線源療法
  91. 原発不明がん
  92. WT1
  93. 化学放射線療法
  94. がん遺伝子パネル検査
  95. 免疫監視機構
  96. 術前化学療法
  97. CTC
  98. 二次性発がん
  99. 蓮見ワクチン
  100. 標準治療
  101. ガンキリン
  102. リキッドバイオプシー
  103. がんサバイバー
  104. 姑息手術
  105. エタノール注入療法
  106. EGFR
  107. 光免疫療法
  108. 腫瘍溶解性ウイルス
  109. 抗体薬物複合体
  110. DDS
  111. PET
  112. NKT細胞
  113. バイオセイム
  114. 遺伝子治療
  115. マンモグラフィー
  116. コーリーの毒
  117. 血液脳関門
  118. レジメン
  119. PSA
  120. 抗体医薬品
  121. マイクロRNA
  122. インターロイキン2
  123. ESD
  124. 監視療法
  125. 希少がん
  126. 術後うつ
  127. 二次がん
  128. 末期がん
  129. 免疫療法
  130. FOLFOIX
  131. コータック
  132. 支持療法
  133. 多剤併用療法
  134. 患者申出療養
  135. ラジオ波熱焼灼療法
  136. 三大療法
  137. BNCT
  138. 多段階発がん
  139. 増悪
  140. 樹状細胞ワクチン
  141. サイトカインストーム
  142. 免疫学的監視説
  143. モノクローナル抗体

【がん事典】部位別に傾向や治療を詳解

  1. 肺がん
  2. 肝がん
  3. 乳がん

がんに備える
【がんのための保険ガイド】まさかの時に備えて

  1. あなたのがん保険、本当に支払われる?
  2. 保険金をもらえるがん、もらえないがん
  3. 高額療養費制度よりもさらに得な付加給付
  4. がん保険に加入する、解約するタイミング

【がん検診を上手に受けるには】早期発見、早期治療のために

  1. がん検診の受診率は4割しかない

【がんになりにくい生き方】予防に勝る治療はなし

  1. 胃がんはかなりの確率で予防出来る