toggle
2016-11-30

「食べる抗がん剤」使用後の腫瘍マーカーを公開

adobestock_89269357s

特許製法で加工された特定のブドウ種子から抽出される成分「iGS4000」に、既存の抗がん剤に匹敵する作用があることを、九州大学の小名俊博教授と滋賀県長浜市の株式会社フィジカルが共同で発見。2015年10月に開催された第74回日本癌学会において、その優れた効果が発表されました。実用上は副作用がないことも報告され、現代のがん治療を一新する可能性が示唆されています。がんサイダー.infoではこの「食べる抗がん剤」ともいえる成分について、2016年9月より紹介しています。


関連記事:日本癌学会で発表された「食べる抗がん剤」とは
関連記事: iGS4000の体験記と東大病院による確定診断書を公開
関連記事:標準治療と併用出来る天然の抗がん物質iGS4000


重度の乳がん患者がたった1か月で元気に
2016年6月、中国のインターネットTVの有名司会者が乳がんを患う知人のために、iGS4000を入手します。患者は54歳の中国人女性。6月時点の医師の診断では予断を許さない状況でしたが、痛みの緩和にもいいという判断でiGS4000の飲用を開始します。1日3~5粒、30日の服用で「とても体の調子がよくなった。およそ30日間で数値が正常になりました」とのこと。自身で腫瘍マーカーの数値を記録した写真を、喜びの声とともに当サイトに提供いただきました。

97a356738a673f97a862ce50a53ab14e-1024x614
復旦大学付属腫瘍病院での2016年6月3日の腫瘍マーカーCA125値(正常値:0.00-35.00U/ml)
159.20U/ml
【クリックにて拡大】

 

e7fdc720689642d7badf8eeeb03988ab-1024x614
2016年7月18日の腫瘍マーカーCA125値
159.20U/ml→28.86 U/ml
【クリックにて拡大】

 

飲み方の工夫次第で吸収効率がアップ
iGS4000は水溶性です。小腸での吸収を効率よくするために、十分な水とともに飲用することが大切です。食品なのでどのタイミングで摂取しても大丈夫ですが、食間が最も適しています。

iGS4000に集まる世界の評価
カザフスタンでは2015年より希望するがん患者への飲用が開始されています。
長崎大学医学研究科源研病理科にてがんレセプターを研究し、現在、国立カザフ医科大学医学部病理学医学部長であるAlipov Gabit教授により、同年11月には「抗がん剤使用の際の副作用軽減効果」「腫瘍縮小効果」が報告されています。海外のがん医療の現場からのiGS4000への評価については、今後もお届けする予定です。


関連記事:日本癌学会で発表された「食べる抗がん剤」とは
関連記事: iGS4000の体験記と東大病院による確定診断書を公開
関連記事:標準治療と併用出来る天然の抗がん物質iGS4000

 

※記事に関するご質問はがんサイダー.info事務局(株式会社さいど舎)までお問い合わせください。

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0
関連記事