toggle
がんを治す
  • 2024年04月22日

    T-reg

    免疫は、体内に侵入した異物を排除する優れた仕組みですが、間違って自分自身を攻撃してしまうことがあります。免疫細胞の多くを占めるT細胞は...

  • 2024年04月19日

    核酸医薬品

    体内で蛋白質が合成される際には、細胞の核内にあるDNAの情報がmRNAに転写され、それを元にアミノ酸を集めて、蛋白質が作られます。核酸...

  • 2024年04月18日

    免疫寛容

    免疫は、体内に侵入した異物を排除する仕組みですが、稀に自分自身を異物認識して攻撃することがあります。免疫細胞の中でもT細胞には様々なタ...

  • 2024年04月17日

    アンサー20

    がん治療において放射線を照射した結果、白血球が減少した場合に処方される承認薬で、有効成分であるZ-100が、造血幹細胞を増加させる物質...

  • 2024年04月16日

    がん患者は浮腫が起こり易い

    がん患者の腹水は様々な理由で起こります。 がん治療でリンパが滞る がんの治療で浮腫が起こることはよくあります。手術でリンパ節を郭清した...

  • 2024年04月15日

    マクロファージ

    マクロファージは白血球の一種であり、マクロ(大きい)、ファージ(貪食)といわれるように、他のリンパ球より大きく、体内に侵入した細菌など...

  • 2024年04月12日

    抗菌薬はキイトルーダの効果を低下させる

    抗菌薬を使用すると、免疫によくない影響があるのかもしれません。 キイトルーダは免疫を回復させる 米国のミネソタ大学の研究ではキイトルー...

  • 2024年04月11日

    4月9日は子宮頸がんを予防する日

    子宮頸がんはワクチンの接種によって予防出来るがんです。 ウイルス感染で発症 4月9日は、4(し)と9(きゅう)に因み、子宮頸がんを予防...

  • 2024年04月10日

    米国ではエンハーツが、HER2陽性のがんに部位を問わず承認される

    我が国で生まれた新薬が、ひと足早く米国でがんの部位を問わず承認されました。 HER2陽性であればがん腫を問わず効果が期待出来る 抗体薬...

  • 2024年04月09日

    米国でTILが悪性黒色腫に対して承認

    免疫細胞療法が公的に承認されるのは、大きな出来事です。 がんを攻撃対象と認識しているT細胞を培養 米国ではTILが悪性黒色腫に対して承...

1 2 3 4 5 26