toggle
2019-04-26

進行がんからの生還の鍵はセカンドオピニオン

標準治療は進行がんに対しては延命しか行わない

保険診療で提供される標準治療は、科学的根拠と多くの検証に基づく信頼出来る治療です。しかし、進行がんに対しては限界があり、現実的には完治よりも延命を目的とする治療になってしまいます。

がんが早期で原発部位や周辺のリンパ節に留まっている場合は、手術や放射線といった局所療法で完全に取ることが出来ます。しかし、浸潤が進んだり、遠隔転移したりすると、がん細胞は全身に散らばっており、抗がん剤による全身治療が必要です。

抗がん剤は、がん細胞が盛んに分裂することに着目し、分裂中の細胞を傷害することで、がんを縮小させます。しかし、再発や転移の原因となるがん幹細胞は、分裂の周期が長く、抗がん剤の攻撃から生き延びてしまうのです。

従って、進行がんに対しては基本的に抗がん剤を繰り返し、完治ではなくて延命を施すしかないのが、標準治療の現実です。

先端医療などで標準治療を補完して、進行がんを克服
がんが進行して、手術が不可能だとか、もう緩和ケアしか出来ないという患者さんはたくさんいらっしゃると思いますが、あくまでも標準治療のガイドラインに従った場合です。自由診療も選択の範囲に加えれば、ステージ4や末期の患者さんでも完治や生還を目指してやれることはたくさんあります。決して諦めることはありません。

がん細胞が全身に散らばっている場合、奏効率は最初に使うファーストラインの抗がん剤で3?5割、セカンドラインで1?3割といわれます。ガイドラインではサードラインまで決まっていますが、生き残ったがん細胞には抗がん剤への耐性が出来て、奏効率はどんどん悪化していくのです。

全身に散らばったがん細胞を排除するには、遺伝子治療や免疫治療で標準治療を補完していく必要があります。こうした治療は自由診療で行われています。保険診療ではそれ以外の治療を勧めたり行ったり出来ませんから、こうした自由診療を希望される患者さんは、まずは先端医療などの自由診療に精通した医師に、セカンドオピニオンを求めることが必要です。

同じ標準治療でも医師によって違いが
保険診療の原則は均てん化された医療ですが、現実には医師や医療機関の優劣はあります。多くの患者さんはがんと診断されたら、紹介された先で治療を受けますが、それがベストの環境とはいいきれないのです。医師や医療機関のことを一番知っているのは医師です。自分のがんを一番得意としている医師や医療機関を紹介してもらうのは、セカンドオピニオンの利用法のひとつです。

また、標準治療にはガイドラインが設けられていますが、それに沿って判断するのは医師です。症状や体調、環境、リスクなどの要因で個々の医師の判断は変わってきます。最初に診断してもらった医師に、手術は無理だとか、緩和ケアしか出来ないといわれても、別の医師の見解が異なるということは少なくありません。諦めずにセカンドオピニオンを聞いてみましょう。

▼セカンドオピニオン▼
かかりつけの医師から膵臓が腫れているといわれ、内視鏡検査を受けたところ、その場で胃がんとの診断を受けました。紹介された総合病院で精密検査を行ったところ、「厳しい状況」だといわれました。がんが胃の周辺の重要な血管を巻き込んでおり、抗がん剤で叩いて小さくなれば手術出来るかもしれないが、あまり期待は出来ないとのこと。ステージははっきりとは宣告されませんでしたが、完治よりも余命を意識させられました。半月後にはTS-1、オキサリプラチンによる抗がん剤治療を開始しました。《千葉県 72歳 女性》

難しい手術でも引き受けてくれる医師はいるので、
まずは抗がん剤で進行を食い止めながら、諦めずに探すこと

CT画像がない状態では断言出来ませんが、この患者さんの胃がんは、遠隔転移はないステージ3かと思われます。通常は手術と術後の抗がん剤による治療が行われますが、がんが重要な血管を巻き込んでいると、手術のリスクが高くなるため、多くの医療機関で断られるでしょう。

しかし、医師が手術可能と判断する場合もあるので、セカンドオピニオンなどを頼りに手術可能なところを探してみてもよいと思います。但し、その間にもがんは進行していきます。内臓の機能が保たれていて、体力が十分なら、72歳という年齢でも抗がん剤治療には耐えられるはずです。まずは抗がん剤を使いながら、手術をしてもらえる医療機関を探してみてはいかがでしょうか。

TS-1とオキサリプラチンの併用(SOX療法)は奏効率が5~6割あります。がんが縮小して、手術が可能になることは十分ありえるので、あまり期待出来ないという医師のコメントは、少しいい過ぎかもしれません。医師には常にリスク回避という意識があり、訴訟などにならないよう可能性より危険性に言及する傾向があります。とはいえ、患者さんにしてみれば諦めるほどでないなら希望を持てる話もしてもらいたいものです。

SOX療法は他の抗がん剤に比べて奏効率は高いのですが、より上げたい場合には、標準治療を補完するために、遺伝子治療などを併用することをお勧めします。TS-1やオキサリプラチンは殺細胞剤と呼ばれるタイプの抗がん剤ですが、私が遺伝子治療に使っているp53やp16は異常な細胞や不要となった細胞を自然に死に誘導する働きがあり、各々の相乗効果が期待出来ます。また、副作用も軽微です。抗がん剤の副作用が重い場合には、抗がん剤を減らして、遺伝子で補助するという使い方も出来るでしょう。

≪取材協力≫ 銀座みやこクリニック https://gmcl.jp/

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0
関連記事